解体の最安値がわかりますN05

🏠 実家の建て替えをしたい
🏠 空き家を安く解体したい
🏠 解体の料金相場が知りたい
🏠 補助金の貰い方を知りたい

これらに当てはまるなら、
解体費用が100万円近く
安くなる方法があるので、

ぜひ最後まで見ていってください!

解体工事を安く、安心して頼むコツ

🏠 工事の正しい相場を知る
🏠 解体のプロに相談する
🏠 補助金を活用する
🏠 地元の優良業者を比較する

このような点に
気を付けなければいけません。

でも、専門的で難しいし、
中でも補助金申請
自治体ごとに違うので、

自分で調べるのは
思った以上に大変です。

そこでオススメなのが、
ヌリカエ」という
解体工事の料金計算ツールです。

■無料診断ツールの内容■

💡 正しい解体相場がわかる
💡 解体工事の最安値がわかる
💡 複数社の見積もりも取れる

💡
補助金の貰い方がわかる

これらのことを簡単に、
無料で調べることができます。

肝心の解体料金も、
この料金計算ツールを使って
比べれてみれば、一目瞭然です。

同じ工事内容でも、
業者ごとにこんなに値段が違います。

解体工事が100万円安く!?
ヌリカエの無料計算ツール
↓↓↓

※費用を調べるだけでも使えます。

使い方はカンタン

入力は30秒くらいです。

物件情報と連絡先を、
わかる範囲でポチポチと選ぶだけ。

入力が完了すると、
メッセージが届くので、
優良業者の見積もりを貰いましょう。

その後、専門アドバイザーから
お礼の連絡があるので、

💡 一番安い見積もりが知りたい
💡 優良業者の見分け方
💡 料金が適正なのかどうか確認
💡 補助金がいくら出るか?

など、聞いてみてください。
無料なのに、とても親切なので。

ちなみに、
この無料診断を使っただけで
解体費用が50万円以上
安くなった人が続出!

また、国の補助金を活用すれば
100万円以上安くなることも!

 

解体工事の最安値がわかる
完全無料の解体料金診断ツール
↓↓↓


※しつこい営業電話等もないので安心

料金計算ツールを使った方の口コミ

こちらが考えていたよりもかなり短い期間で紹介された業者さんに解体工事を実施してもらう事ができたのでよかったです。

しかもリーズナブルな費用で解体工事を依頼する事ができたので、また利用する機会があった場合には、前向きに検討していきたいです。

実家を建て替えるため、解体を依頼しました。現地調査の時は様々なアドバイスをくれました。解体工事に来られた方も礼儀正しく明るい方で安心できました。

後片付けもしっかりと行っていただき、綺麗になって満足してます!

こういうのに登録したらたくさんの電話がなって大変なイメージがありましたが、しつこい勧誘などはなく、たいへんスムーズに選ぶことができました。

対応してくださった方も慣れた方だったので、不安もなくお任せすることができました。

■解体費用もこれだけ安く!

解体工事も比較すれば安くなる。
補助金も活用すれば更にお得に!
↓↓↓

解体費用がいくら
安くなるか調べる

最後に

💡 地元ならどこが安いのか?
💡 適正な料金相場はいくら?
💡 補助金が貰えるかどうか?

これは一般の方では
ほぼわかりません。

特に、
解体費用の最大半分が貰える
補助金の申請
は、
自分一人でやろうとすると
かなり苦労すると思います。

ですので、
解体工事を検討している人は
気軽に使ってみてください。

案外、安くなることが
簡単にわかりますので!

\ 完全無料・24時間対応 /
累計200万人が診断しています
↓↓↓

※しつこい営業電話等もないので安心

追伸

解体すべき家屋がそのままの場合、
早めに解体工事しないと危険です!

なぜなら、
2015年施行の空家等対策特別措置法
「特定空き家」に指定されると…

💀 固定資産税が6倍
💀 50万円以下の罰金

が科せられる危険性があるからです。

放置しただけなのに、
罰金に加えて税金まで増えるなんて
もったいないですよね…。

ヌリカエの無料診断を
使ったからといって、
すぐに解体工事する必要は
ありません。

まずは、補助金申請の確認や、
具体的にいくら貰えるのか
費用相場だけでも
先に確認してみてください。

\ 完全無料・24時間対応 /
補助金の貰い方と
最安値がわかる方法
↓↓↓

※05月20日 追記

解体工事の補助金申請が
たいへん好評で利用者が殺到し、
補助金を打ち切る自治体が
多くなってきました。
(予算上限があり、先着順のため)

補助金が使えないと
最大で100万円も損してしまい、
本当にもったいないですので、
早めに確認してみることを
オススメします!

使える補助金と
費用相場&最安値がわかる
↓↓↓

使える補助金を
無料で調べる!

※補助金を調べるだけでも使えます。

 

 

 

 

 

実際の解体工事費用は、相場があるようで無いのが現状

解体費用は、例えば一軒家の木造二階建て30坪であればザックリ100万円前後という相場がありますが、建物の構造や立地などの多くの要素により、工費が決まります。

他にも、

  • 重機が使えるか。
  • 何人工かかりそうか。
  • 廃材処理費用を含むか。
  • アスベストは含むか。
  • 近隣養生が必要か。
  • 庭石・樹木・カーポート等はあるか。
  • 什器備品(布団なども)の撤去を含むか。
  • 仏壇、神棚の処理を含むか。
  • 電気、水道、ガスをどこで撤去するか。
  • 書類作成申請を代行してもらうか。
  • 電気ガス水道ケーブル撤去するか。
  • 警備員が必要か。
  • 近隣への挨拶をしてもらうか。
  • 諸経費。

等・・・。

上記の条件は一部ですが、解体する家によって一般的に相場と言われる費用と比べて、数十万円~数百万円変わることはよくあります。

さらに今は、物価高や物流コストの高騰の影響を強く受け、解体費は年々高くなっています。

以前までの「坪単価どれくらい?」という相場が、あまりアテにならないという現状があります。なので、実際の解体費用は見積もりを取って比べないとわかりません。

今後も解体費は高くなる見通しですし、解体費用の補助金も先着順で貰えない可能性もあります。

解体すべき家がある場合は、「具体的な費用」「いくら補助金が貰えるのか」だけでも
早めに確認がオススメです。

もちろん、無料料金計算ツールで調べるだけでも大丈夫です。

>>料金計算ツールで一番安い解体工事を調べる

解体工事の無料診断「ヌリカエ
#無料診断 #解体最安値 #補助金申請

リフォーム業者を検索

エリア
フリーワード
加盟業者数
こだわり検索
はじめての解体工事